高木城 | 徳川十六神将の一人・高木清秀の屋敷跡




高木城 | 徳川十六神将の一人・高木清秀の屋敷跡

 

 

愛知県安城市の高木城跡は、徳川十六神将の一人に数えられている家康の家臣・高木清秀の屋敷跡です。

 

 

 

 

 

歴史

 

室町時代に高木宣光がこの地に移り住んだ事が始まりで、清秀はこの地で生まれたといわれていますが、緒川城の水野信元に仕えました。

 

 

三河一向一揆の際にも、水野軍として松平に味方して戦功を重ね、先祖からの土地を安堵する事ができました。

 

 

その後も姉川の戦い、長島一向一揆との戦い、長篠合戦に参戦し武功を挙げています。

 

 

後に徳川家康の関東移封に伴い、この地を離れました。子孫は河内丹南藩(現在の大阪府松原市丹南)の藩主となり、高木氏は丹南藩主として明治維新まで存続しました。

 

 

 

 

 

感想

 

かつて高木城があったと伝わる場所には石碑と看板が建っています。西側が高く藪になっていますが、道路との境に土塁らしきものがありました。

 

 

私の感想ですが、現地に石碑と案内看板が建っていると、お城巡りも分かりやすく、また理解しやすいものだと思いました。

 

 

なぜかというと、その武将の事をあまり詳しく知らなくても、現地の看板に概要が書いてあれば、いくらでも調べる事ができるからです。

 

 

高木清秀の高木氏も、あまり有名な武将の一族ではありませんが、調べてみると有名な合戦に参戦しており、なおかつ明治まで藩主として存続しているという事が分かります。

 

 

今まで知らなかった事を調べてみると、実はすごい歴史があった!という人物に出合えることも、歴史の楽しみのひとつだと思います。

 

 

 

 

 


愛知県中世城館跡調査報告2三河地区にも、かつて土塁があったらしいみたいな事が書かれていますが、これの事でしょうか?

 

 

所在地  安城市高木町下屋敷

 

立地  平城

 

築城時期?

 

築城者  高木氏

 

主な城主  高木氏

 

現状  畑地

 

地図


関連ページ

安城市の詳細不明のお城跡まとめ
かつての三河国だった愛知県安城市の詳細不明のお城跡をまとめたカテゴリです。
織田信長の兄・信広が今川方に捕縛された安城市の安祥城跡
かつての三河国だった愛知県安城市は、尾張の織田氏と三河の松平氏、そしてそれを支援する駿河の今川氏によって合戦が繰り広げられたお城です。織田信広も捕縛された安祥城合戦や現地レビュー、そして私の感想も書いています。
福釜城 | 徳川家康を支えた親盛を祖とする松平氏一族のお城
かつての三河国だった愛知県安城市の福釜城は、徳川家康を支えた親盛を祖とする福釜松平氏一族のお城です。この記事では福釜松平氏の歴史と福釜城の現地レビュー、そして私の感想を書いてみました。
保科城 | 甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷
かつての三河国だった愛知県安城市の保科城は、甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷址です。この記事では保科城の歴史と現地レビューそして私の感想を書いています。
山崎城 | 松平清康の弟で広忠と戦う事になった松平信孝の居城
かつての三河国だった愛知県安城市の山崎城は、松平清康の弟で広忠と戦う事になった松平信孝の居城です。この記事では山崎城の歴史と現在の様子、そして私の現地レビューと感想を書いています。
安城古城 | 安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡
かつての三河国だった愛知県安城市の安城古城は、安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡といわれています。この記事では安城古城の歴史や安城古城にゆかりのある武将の紹介をしています。
安城市の丈山苑は城跡でした。それが石川丈山屋敷跡です。
かつての三河国だった愛知県安城市の石川丈山屋敷跡は、城跡といわれています。現在の丈山苑がその場所です。この記事では石川丈山の屋敷跡の現状レビューと感想を書いています。

ホーム RSS購読 サイトマップ