安城市の丈山苑は城跡でした。それが石川丈山屋敷跡です。




安城市の丈山苑は城跡でした。それが石川丈山屋敷跡です

 

 

愛知県安城市の石川丈山屋敷は、石川丈山の館があった場所といわれています。

 

 

 

 

 

歴史

 

漢学者・隷書の第一人者として名高い『石川丈山』の屋敷跡です。

 

 

丈山は幼名を『嘉右衛門』といい、天正十一年(1583)この地で産まれました。

 

 

石川家はもともと武士で徳川家に仕えており、丈山も各地を転戦して名をあげました。

 

 

しかし大阪の陣後、の道からの道へと転身、後半生は京都で学者として過ごしました。

 

 

 

 

 

感想

 

丈山の屋敷跡は現在、丈山公園として整備されています。苑内には見事な庭園が広がり、丈山の銅像も建てられていました。

 

 

苑内の通路は周囲より低い位置にあり、かつての堀跡という事です。

 

 

私の感想ですが、この石川丈山館跡、つまり丈山苑は非常に興味深い場所だと思いました。その理由は、城跡として研究されているかつての武将の館跡が、現在では安城市の有名な観光地になっているからです。

 

 

でも丈山苑を訪れるほとんどの人は、この地がかつての城跡だとは思っていないのでしょうね。

 

 

ちなみに堀跡が残る散策路は無料ですが、庭園側に行くと100円の入場料が必要です。しかしその中に石川丈山の銅像もあるので、ここは入場料を払ってもチェックする甲斐はあると思います。

 

 

 

 

 


苑内は美しい日本庭園が広がります。私が歩いているところが堀跡を使った通路で、周囲より低くなっています。

 

 

 

 

 


庭園の中には石川丈山の銅像もあります。

 

 

所在地  安城市和泉町中本郷

 

立地  平城

 

築城時期  享禄三年(1530)

 

築城者  石川信冶

 

主な城主  石川氏

 

現状  丈山公園

 

地図


関連ページ

安城市の詳細不明のお城跡まとめ
かつての三河国だった愛知県安城市の詳細不明のお城跡をまとめたカテゴリです。
織田信長の兄・信広が今川方に捕縛された安城市の安祥城跡
かつての三河国だった愛知県安城市は、尾張の織田氏と三河の松平氏、そしてそれを支援する駿河の今川氏によって合戦が繰り広げられたお城です。織田信広も捕縛された安祥城合戦や現地レビュー、そして私の感想も書いています。
福釜城 | 徳川家康を支えた親盛を祖とする松平氏一族のお城
かつての三河国だった愛知県安城市の福釜城は、徳川家康を支えた親盛を祖とする福釜松平氏一族のお城です。この記事では福釜松平氏の歴史と福釜城の現地レビュー、そして私の感想を書いてみました。
高木城 | 徳川十六神将の一人・高木清秀の屋敷跡
かつての三河国だった愛知県安城市の高木城は、徳川十六神将の一人・高木清秀の屋敷跡です。この記事では高木城の歴史や現地レビュー、そして私の感想を書いています。
保科城 | 甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷
かつての三河国だった愛知県安城市の保科城は、甲斐の武田氏に仕えていた信州高遠城主・保科正直の屋敷址です。この記事では保科城の歴史と現地レビューそして私の感想を書いています。
山崎城 | 松平清康の弟で広忠と戦う事になった松平信孝の居城
かつての三河国だった愛知県安城市の山崎城は、松平清康の弟で広忠と戦う事になった松平信孝の居城です。この記事では山崎城の歴史と現在の様子、そして私の現地レビューと感想を書いています。
安城古城 | 安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡
かつての三河国だった愛知県安城市の安城古城は、安祥城を築いたといわれる和田氏の館跡といわれています。この記事では安城古城の歴史や安城古城にゆかりのある武将の紹介をしています。

ホーム RSS購読 サイトマップ