千賀屋敷 | 江戸時代に尾張藩の船奉行だった千賀氏の屋敷址




千賀屋敷 | 江戸時代に尾張藩の船奉行だった千賀氏の屋敷址

 

 

愛知県南知多町の千賀屋敷は、佐治氏の家臣で江戸時代に尾張藩の船奉行だった千賀氏の屋敷址です。

 

 

 

 

 

歴史

 

戦国時代に幡豆崎城主だった千賀氏は、もともと伊予(愛媛)の出身で、為重の代に志摩国千賀(三重県鳥羽市)に移ります。

 

 

そして一族は知多の須佐へ移住(豊浜)。そこで大野城(常滑市)を拠点にこの地に勢力を持っていた佐治氏の家臣となりました。

 

 

江戸時代に入ると千賀氏は尾張藩に仕え、船奉行になります。

 

 

船奉行になった千賀氏は、当時すでに廃城となっていた幡豆崎城の古材で屋敷を作ります。これが千賀屋敷で、間口97m、奥行48mの屋敷でした。

 

 

 

 

 

感想

 

千賀屋敷跡は延命寺の南、住宅・商店街の一隅にあり、現在屋敷跡を伝える石碑が建てられています。

 

 

この石碑は直接の子孫ではない地元の方に管理され、かつての千賀氏を慕う気持ちが伝わってきました。

 

 

私の感想ですが、今回紹介した千賀氏は江戸時代の屋敷ということですが、この地は幡豆崎城主時代にも千賀氏の屋敷があったのではないかと思います。

 

 

なぜかというと、当時の城主はお城で日常生活を送っていたのではなく、お城とは別の場所に館を建てて住んでいたからです。

 

 

織田信長の安土城は例外ですが、そう考えると千賀氏の館もお城の近くにあったと思います。

 

 

もしかすると、この地にあった可能性もありますよね。

 

 

所在地  南知多町師崎字的場

 

立地  平城

 

築城時期  慶長七年(1602)

 

築城者  千賀氏

 

主な城主  千賀氏

 

現状  宅地

 

地図

関連ページ

美浜町の詳細不明の城址と海防施設
愛知県美浜町の詳細不明の城址と海防施設についてまとめた記事です。
河和城 | 海を渡ってきた田原城主・戸田宗光が築城したお城
愛知県美浜町の河和城は田原城主・戸田宗光が渥美半島から海を渡り築城したお城です。この記事では河和城の歴史や現地レビュー、そして私の感想を書いています。
奥田城 | 水野勝成が在城したお城
愛知県美浜町の奥田城は、緒川の水野氏が築き、水野勝成が在城したお城です。この記事では奥田城の歴史と現状レビューと私の感想を書いています。
細目城 | 美浜町大字野間にあった2つのお城
愛知県美浜町にあった細目城についての記事です。ここには2つのお城があり、それを細目城A、細目城Bと言います。この記事ではこの2つのお城を検証してみました。
南知多町詳細不明のお城と海防施設まとめ
愛知県知多郡南知多町の詳細不明のお城と海防施設をまとめた記事です。
岡部城 | 室町時代に知多半島を治めていた一色氏の家臣・佐治氏のお城
愛知県南知多町の岡部城は室町時代に知多半島を治めていた一色氏の家臣・佐治氏のお城です。そんな岡部城の歴史と現地の様子、そして私の感想を書いています。
一色城 | 応仁の乱の頃まで知多半島南部を支配していた一色氏の居城
愛知県南知多町にあった一色城は、応仁の乱の頃まで知多半島南部を支配していた一色氏の居城です。この記事では一色城の歴史と現地レビュー、そして私の感想を書いています。
幡豆崎城 | 知多半島最南端のお城
愛知県南知多町にあった幡豆崎城は、戦国時代に海の城として存在したお城です。また知多半島最南端のお城でもあります。この記事では幡豆崎城の歴史と現地レビューを書いてみました。
篠島城 | 篠島に残る義良親王ゆかりのお城
愛知県の離島・篠島には昔、義良親王にゆかりがある篠島城というお城がありました。 この記事ではそんな篠島城の歴史と現地レビュー、そして私の感想を書いてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ