東郷町に残る丹羽氏の諸輪北城、諸輪中城、諸輪南城の場所と感想




東郷町に残る丹羽氏の諸輪北城、諸輪中城、諸輪南城の場所と感想

現在の愛知県愛知群東郷町には、岩崎丹羽氏関連のお城が傍示本城のほかに3つ残っています。

 

 

それが諸輪北城、諸輪中城、諸輪南城です。

 

 

この記事では、それら諸輪三城の歴史と現状レビュー、そして私の感想を書いてみました。

 

 

 

 

 

諸輪北城

 

 

歴史

 

天文二十年(1551)の横山合戦(日進市・参照)で、織田信長を破った岩崎城二代目城主・丹羽氏識が隠居後に住んだお城です。

 

 

永禄五年(1562)に、尾張の織田と三河の松平(徳川)の和睦が成立すると、両国の間に立たされていた氏識は隠居し、このお城に移ったと伝わります。

 

 

ちなみに氏識は松平に仕え、岩崎城に入った氏勝は織田に仕えました。

 

 

 

 

 

感想

 

現在の上城保育園がお城跡と伝わります。

 

 

正面入口である西側から見ると、遺構の残っていない平城との印象がありますが、反対の東側に回ってみると5〜6m程の高低差があることにビックリ!!

 

 

しかも前方には、堀跡を想像させる川までありました。

 

 

所在地  東郷町諸輪字上市

 

立地 平城

 

築城時期 ?

 

築城者 丹羽氏識

 

主な城主  丹羽氏

 

現状  東郷町立上城保育園

 

地図

 

 

 

 

 

諸輪中城

 

 

歴史

 

この諸輪中城も丹羽氏識の隠居城と伝わります。

 

 

永禄五年(1562)に『道休』と号し隠居して、このお城を築城したり清安寺を創建しました。

 

 

ちなみに清安寺は現在でもあり、山号の道休山はここから来ています。また氏識の菩提寺として位牌もあります。

 

お城は四方を竹薮・竹林で囲まれ、堀や土塁を巡らせていたとか。

 

 

永禄八年(1565)に、氏識が死去してからは『岩崎城合戦』の悲劇の守将・丹羽氏重が一時居城しました。

 

 

 

 

 

感想

 

現在の清安寺あたりに諸輪中城があったと伝えられます。周辺は平地で現在では住宅地となり、遺構は残っていません。

 

 

所在地  東郷町諸輪字中市

 

立地  平城

 

築城時期  永禄七年(1564)

 

築城者  丹羽氏識

 

主な城主  丹羽氏

 

現状  清安寺

地図

 

 

 

 

 

諸輪南城

 

 

歴史

 

天正十一年(1583)頃、当地の土豪・柘植道昌によって築かれたと伝わります。

 

 

柘植氏は後に真野氏と改名、江戸時代もそのまま諸輪村に住み、庄屋になりました。

 

 

また別の説では柘植氏以前に、岩崎丹羽氏が築いた国境の城ではないかともいわれています。

 

 

さらに諸輪南城のすぐ近くに諸輪下城(もろわ しものしろ)というお城があったそうですが、実は南城と下城は同一であったともいわれており、現在でも謎のお城です。

 

 

 

 

 

感想

 

現在の【尾三消防署】周辺に諸輪南城があったと伝わります。

 

 

消防署の開設は昭和四十七年ですが、昭和三十九年の土地改良までは周囲に3m程の土塁が残っていたとか。

 

 

現在では、消防署以外は見事な田んぼになり、遺構は全く残っていません。

 

 

所在地 東郷町諸輪曙18

 

立地  平城

 

築城時期  天正十一年頃(1583)

 

築城者  柘植道昌

 

主な城主  柘植氏・真野氏

 

現状  尾三消防署

 

地図

関連ページ

豊明市、東郷町の詳細不明のお城
愛知県豊明市と東郷町にあった詳細不明のお城や砦の記事をまとめてみました。
沓掛城 | 今川義元が桶狭間合戦前夜に泊まったお城
愛知県豊明市の沓掛城は、今川義元が桶狭間合戦前夜に泊まったお城です。そんな沓掛城の歴史と現在の状況をレビューした記事です。
大脇城 | 刈谷城の水野氏の家臣・梶川五左衛門文勝の居城
愛知県豊明市の大脇城は、刈谷城の水野氏の家臣・梶川五左衛門文勝の居城と伝わります。この記事ではそんな大脇城の現状と私の感想を記載しています。
傍示本城 | 小牧長久手合戦の時に岩崎城で戦った丹羽氏重の居城跡
愛知県東郷町にあった傍示本城は小牧長久手合戦の時に岩崎城で戦った丹羽氏重の居城跡といわれています。そんな傍示本城の現状と私の感想を書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ